• SHIHOKO YONEZU

新しい経済システムに愛される

更新日:1月28日

珍しく、経済やお金に関する話です。



お金に対する思考、感情、パターン、トラウマ、プログラミングを解放することを

パーソナルコンサルティング、個人セッションで取り扱い続けてきましたが、


お金を課題とする過去のクライアントさんの中で、


お金が問題で、、、

不安で、、、

という方は共通して、


ある概念を持っている。


わたしは考えています。


早ければ1度でも、

時には、深いレベルには繰り返し向き合うことで

それらは必ず解放されます。



ところが最近、



お金に対して結局、いつも上手くいっている。


お金について、いつも幸運。


経済に上手く乗っている。


経済システムの中で力を発揮している。



という人たちとお話していると、



その方たちも、


お金に対しての課題を感じているクライアントさんに共通で見られるお金に対する概念を、

同じように持っているようなのです。



それで、

細かく突き詰めて視てみると、



お金に対してや経済システムの中で上手くいっている人とそうでない人とでは、


ある概念に対する「受け止め方」が違うのだ。



と気付きました。


これは、わたしにとっても

全く視点が変わるような、新しい気付きでした。




武道二段のわたしから視ると(マニアックなんですが)


お金に対して、全般的に上手くいっている人と、

上手くいかない人では、


たとえ同じような概念を持っているとしても、


その概念に対して、


攻撃(アクション)の仕方、

受け身の仕方、

いや、そもそも構え方、


が違うんですね。

(透視で視るかのようにビジョンをそのまま書いてみるとそんな表現になります)



よく、


「お金に愛される人になる。」



と言いますが、


ある意味、そういうことか。

そうとも言えるな。


と、ふと、気付きました。



わたし自身がそれを知ってから、

なんだかフワっとわくわくしてきました。

(エネルギーの伝播)



風の時代に入ってから、


「お金に対する価値観や

経済が変わる。」


と言われていますが、



よく考えてみると、


「それはつまり、

自分はどこからどのように変えたら良いのか?」


「風の時代に合わせていくために、

具体的には自分をどうしたら良いのだろう?」


と思う方も多いのではないでしょうか?




一度、どこかで新しい経済システム、

新しいお金の価値観、


という言葉を目にしたり耳にすると、

それが脳にインプットされていて、


後に、現実的にお金に対して向き合うような機会が与えられることもあるのではないでしょうか?



最近になって、

これまでには考えたこともなかった、

お金の遣い方が気にかかることが

あるかもしれません。



お金に対して、

大きな悩みがあっても無くても、


課題や問題の有無に関わらず、


お金についてふと思うことがあるとしたら、


それは、


「新しい経済システム」


からのお誘いであり、

つまり、

メッセージなのだと思うのです。


分かりやすいお金というものを入口として、

新しい経済システムを学ぶ機会が到来しています。



これは、人によっては出生図(ホロスコープ)にも表れている

人生の中で定期的にやってくるお誘い、

かもしれませんが、


今は、

個人の意識よりも

集合意識が受けている影響が大きいのだと思います。


特に、天王星が牡牛座に滞在してから、

現実的に影響が現れやすくなってきた今だから、


そして、金星と火星が山羊座に滞在して

わたしたちに直接的に影響を与えているから、


木星が魚座に入ってからの

幸運(耕運)テーマだから、


など、

要因は天体にもあり、


そこに加えて、

各個人の今の環境だからこそ得られる体験からの裏付けとが、

しっかりと重なっています。


お誘いやメッセージが来ていたら、

ぜひ、


攻撃(アクション)の仕方、

受け身の仕方、

そもそも構えから、


知ってみると良いですね。



お金に対していつも上手くいっている人たちのように、


基本を身につけてしまえば、

その後は、自然とニュートラル、原点に

戻っていく、


そして、


それがあたりまえになって、

自分らしさになって、

自分そのものとなって、


結局は、

常に新しい経済システムにも愛されるはずです。


閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示