• SHIHOKO YONEZU

秋分を超えて、いよいよ始まり

更新日:9月28日

中秋の名月は美しかったですね!


8年ぶりに中秋の名月と満月が重なる日ということもあり、

月と意識がとてもつながりやすかったです。


潜在意識や無意識が、かなり影響を受けたのではないでしょうか?


と、このように書いていても、

肉体から意識が飛び出しそうなぐらいに感覚が呼び戻ってきますから、


よほどパワフルだっだようです。



みなさまはどんな風にお過ごしでしたか?



わたしは製作後に送り出す天然石ブレスレットたちを、

ひたすら月光で浄化をしておりました。


そして、

開催中の9月の集中コンサルティングでは、龍さんにご協力いただいていますが、


クライアントさんにこの時期からサポート期間まで寄り添う龍さんは、

それぞれ個性的で、主張があり、とても多様性に満ちています。


現実的には方向を定めたいクライアントさんたちの上空を、

龍たちが、クライアントさんの要らぬ心配やカルマのようなパターン、思考、プログラミングを祓ってくれて、

ネガティブな無意識や潜在意識からストップをかけないように、

新しい世界を見せるようにごくごく自然に導きます。


ある一定期間が経つと龍たちはクライアントさんから離れますが、


それまでに、


「わたしはこれを望みます!」


という宣言と共に、


「だからこそ、もう手放しますね。」


という不要なものが次々と浮上して、

時差を伴いながら消え去っていく、


そんな流れになります。


龍のワークは、

10月10日まで開催しています。


秋分を超えると、

10月10日ぐらいまでは、まだエネルギーが自分次第で若干変化しそうですが、

ほぼ、秋分点を機にかなり選択した道が決まっている。


という感覚です。


大きな軌道修正は終わっているので、

ここから冬至までは、未来10年、15年ぐらいを見据えて、

それぞれの現実化を、ひとつひとつ体験していくことになります。


もちろん、少々の調整は常に常に行われますが、


いよいよ自分が決めた人生のはじまりの分かれ目に立ちました。


それぞれの現実化のためのやった方が良いアドバイスについては、

集合と個体の意識に埋もれてしまわないように、

またオンラインサロンでしっかりと読み取ってお伝えしていきますね。



そして、秋分の日には、


Japan Food Mission/聖地FOODアカデミーのオープニングイベントが

無事に終了しました。


こちらのサイトをお読みになってご参加いただいた皆様、

信頼して下さり誠にありがとうございました。


いつもとはまったく「質」「室」が異なる人たちとの接点に、

魂やエネルギー的には驚いているようでした。


そして、実感は、かなり新鮮だったのではないでしょうか?


よかったらまたご参加ください。


違う惑星に行って勉強するような感覚です、笑。



わたしもあっちやこっちや惑星に行ったような結果、


なんとアカデミーのイベントの最終日は朝から体が痛すぎて、

終了後のミーティングが終わった途端に完全に落ちて、

その後2日間寝込みました。


ライフシフトです。


久しぶりにこんな痛み、と言う感じですが、

以前よりも明らかに、肉体も意識も変化が速くなっています。


あれこれセルフヒーリングやスキャンやクリアリングを、

猛スピードでおこない早い回復を試みましたが、

2日間で終わってよかったです。

完全に回復しました。


メンターにメンテナンスを依頼する前に、

あっという間にそこまで落ちたので、

ますます、心と体のメンテナンスに意識を向けたいと実感しました。


そして、

なによりも、

この痛いと感じる肉体と、それにつながっている自分、

そして、この場を与えられた環境や様々な要素、

ひとつひとつに感謝をしたいものです。


そうすることが、今、最も必要なようです。


12月には、聖地熊野でレッスンを開催しますので、

聖地リトリートも兼ねる予定です。


ぜひ、聖地FOODアカデミーのレッスンにご参加ください。


9月の集中コンサルティング、

龍とのつながりを取り戻したい方におすすめです。


「龍のワーク、喜びと才能と豊かさをつなげる」


こちらからどうぞ


いつもお読みいただきありがとうございます。


Japan Food Mission/聖地FOODアカデミーのレッスンはこちらからどうぞ




30回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示