• SHIHOKO YONEZU

経営者のクリスタルヒーリングで

経営者の方のクリスタルヒーリングを対面でご提供させて頂きました。 


気がつくと、一度受けられてから、1、2年ほど2ヶ月毎に定期的にお受け下さっています。


普段からクリスタル、天然石を身につけたりお持ち歩きはされない方ですが、

ご自身の会社の社長デスクにはクリスタルをいくつかお選び致しました。


時々その石たちのお写真を送って下さり、

とても可愛がってくださっているご様子。



クリスタルヒーリングは、肉体や思考やオーラやチャクラの動きも整えられるのですが、

透視リーディングを合わせて視ると、


特にチャクラに調整が入りました。

対応するチャクラリーディングでは

様々な案件に対して、経営者として決断がし辛い様子が伝わってきました。


このような時期だから、


という事もありますが、


集合意識に個の意識が埋もれている、

という事もあります。


経営についての決断は、これまでのように

自分の強い決断力を発揮したい。


よく分かります。


そんな状況でのクリスタルヒーリングでしたが、


わたしの方では

前日からあるクリスタルが

強く主張してきまして、


セッションでは、

予想以上に大活躍でした。


そのクリスタルは

経営者を助ける役割もあったという事を

すっかり忘れておりました。



ヒーリングとリーディングのセッションは

無事に終わりましたが、


翌日、活躍したクリスタルは

すっかりその経営者さんの方に興味が向いているのです。


仲良くなられたのですね。


クライアントさんの自己の意識をうまく認識させるために、

クリスタルの個の意識が一石を投じてくれたことがわかりました。


クリスタルヒーリングは、

やはり、ヒーラーの力なんかをはるかに超えた、


クライアントのエッセンス

そして、

クリスタルのアビリティで

セッションが行われるのだとあらためて

実感しました。


最新記事

すべて表示