• SHIHOKO YONEZU

自分の一部を取り戻す10月

秋分の日から、すっかり空気感が変わりました。秋分で自らの選択で天と地をつないだような体験をした人もいらっしゃったようです。天と地の間の自分の力を認識できた貴重な時間でした。


すべての出来事が味わい深く感じられる秋分を境に、魂の学びが深まる2020年の秋に入りました。

気候と天候の動きにも促されて、自分の内側の心理を感じやすくなります。


今年はじわじわと無意識的にも集合意識的にも外的な要因に影響されやすくなっているので、

仕事ややるべきことを上手く乗りこなすためには、心理の管理と意識の管理はますます必要になっていきます。


9月中に二極化がうんと進みましたので、

そこで、自分の陽と陰、ポジティブとネガティブ、上手くいっていることと上手くいかないこと、集まる仲間と別れる仲間、作られる未来と終わる過去などから、自分の中で満ちているものと足らないものを感じやすくなります。


不足を感じた時に、自分自身はどのように対応するのか。


不足に対して自分を取り戻す方法があり、10月からの流れでは、自分の一部を取り戻しやすくなります。



心理の扱い方と意識の扱い方が自己管理の肝になり、このやり方の結果によって、自分の新たな未来が創られていきます。


自分のことって、まだまだ知らないものです。

その分、もっと知って自分の扱い方や物事のこなし方を変えていくことで、未知なる自分を引き出すことが出来るのです。

12回の閲覧
 
  • Facebook

©2020 株式会社SpaceCreatorグランドハピネス
当サイト内の文章・オリジナル画像等の無断転載はご遠慮ください