• SHIHOKO YONEZU

2022年シフトへの幕開け。新年のご挨拶

2022年1月1日 元旦  寅年


みなさま、新年あけましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。


本年もどうぞよろしくお願い致します。


今年はどんな年になるのでしょうね。

今年はどんな年にしたいですか?

今年はどんな世界を体験したいでしょうか?


自分の中心に問いかけてみると、

純粋な気持ちが湧き上がったり、

浮き上がってきます。


それを感じてみてください。


時間差はありますが、

そうして自覚できた純粋な領域の気持ちが、後に現実化しやすくなります。



2022年はこれまでとは人生の進み方、

人生の創り方が変わってきます。


みなさんと共に、その「人生の創り方」について

楽しんでいき、

認め合い、

受容していきたいと考えております。


グランドハピネスでは、

本年、取り組みたいことがありまして、

天体の流れを読みながら、準備を進めてまいります。


無理をしなくても、

応援が舞い込んでくる。


そんな軽やかな予感を感じておりますが、

本当に、2022年1月の第一歩はそれを支えてくれるのです。


どうぞ、素晴らしい幕開けの元旦をお過ごしください。



昨年1年の感謝の気持ちを込めまして、

オンラインサロンスタンダード会員様へのメッセージの一部を抜粋して

こちらに掲載させていただきます。


オンラインサロンでは毎月の流れを読み取り、

メッセージとして配信しております。



◎オンラインサロンスタンダード会員様へのメッセージの一部抜粋です

___________________

12月29日より木星が魚座に入りました。

木星は約1年をかけて一つの星座に滞在しますので、

木星が魚座に居る、ということは、その1年の性質を見るのに適しています。


木星が魚座に滞在する1年は、

目に見えない世界からの影響を十分に取り込み、愛に気づいて、愛を放つ。

自愛と共感で運が上がっていく1年となります。


自分のために力を使うだけの、自分のための、これまでの人生の創り方、

とはちょっと違います。


自分の中に無意識で存在し続けてきた古い観念と混在しているため、最初は少し戸惑うかもしれませんが、

体験が素早くおとずれるために、気づきも次第に加速していきます。


これは、自分の古い観念ではないか? これが新しい体験なのではないか?


と客観視していくことを、1月は心掛けてみましょう。


そんな日々の中で、自分の創りたい世界、生きたい世界、を選び続けます。


(中略)


欲しいものが全て手に入っていなくても、

「豊かだ」と感じる瞬間があるのではないでしょうか?


2022年は1月からそのような豊かさに気づく瞬間をたくさん体験できます。

こんな体験をする時に、わたしたちの本当のエネルギーが宇宙に放たれています。


豊かだな。と感じる、一瞬の体験を1月は特に気づいてください。

波動が上がり、その後の2月、3月の運気が上昇していきます。



1月1日~3日は、自分、家族、環境に感謝して寿ぎを味わいましょう。


5日~10日までは、しっかりとありたい未来に意識を固めつつ、共感できる人と会話をするなど、自己認識を高める時間を過ごすと気持ちが豊かになります。


11日~18日はとても彩りの豊かな時期ですので、自分を楽しませるように、他者を楽しませてみましょう。


19日~21日は一旦、休息をはさむことで、エネルギーをチャージしておくとよいです。お正月からスタートダッシュした感じをクールダウンさせて整えましょう。


22日~31日はふたたび、活性化できる時期です。

2月の節分前に、波動をアップ。

1年の目標、ビジョンを書き出したものを修正してみましょう。

(抜粋以上)


☆2021年の年末のご挨拶ブログはこちら

☆オンラインサロンの詳細はこちらからどうぞ


閲覧数:18回0件のコメント